どうやって作ればいいの?ネームタグを作る方法について

業者さんに製作を依頼する

自分たちでオリジナルブランドを立ち上げたいという場合には、ネームタグを作ることが必要になってくるんです。ネームタグには、ブランドのロゴもデザインしなければなりません。ネームタグを作るなら、やはり専門の業者さんへ製作を依頼するのが無難でしょう。シャツやパンツなどのアイテムによって、ネームタグのデザインはそれぞれ細かく変わってくるものです。デザインがまとまらないときは、業者さんに相談してみてください。

生地の素材選びについて

ネームタグを作るには、生地の素材を選ばなければなりません。ポリエステルやコットンなど、ネームタグにはさまざまな生地の素材が使われているんですよ。それぞれに特徴があってメリットも違うので、実際にサンプルを触って確かめてみてくださいね。文字がきれいに表現できるものや、光沢があってつるつるしているものなどもありますよ。たくさん種類があると迷ってしまうかもしれませんが、じっくり考えて選んでみてくださいね。

洗濯表示ネームについて

ネームタグ作りで絶対に欠かせないのが、洗濯表示ネームなんです。洗濯表示ネームは、品質を表示するものとして法律で義務づけられているんですよ。アイロンの強さや手洗いの温度など、見たことがある方も多いでしょう。ネームタグは一般の消費者だけでなく、クリーニング店に対してもちゃんと情報を伝えているんです。ネームタグを作るときには、洗濯表示ネームで表示しなければならない情報をしっかりチェックしておきましょう。

ネームタグとは、製造メーカーやデザイナーの製造責任を表すための商標です。布製や革製のものが多いです。