表面を綺麗にしてくれる?知っておきたい酸洗いのこと

酸洗いっていったい何?

酸洗いとは強酸槽に商品を漬け込み、表面処理をすること。製品の制作時には溶接スケールや純鉄スケール、もらいさび、作業時についた油汚れ、不純物などが多く紛れ込みます。これを強酸槽につけて落とそうというわけです。ステンレスやチタンなどの商品の場合は、酸洗いをすることを前提に納品されることもあるそうです。簡単に言えば、商品の外観をよくするために強力な洗浄を行うようなものですね。知らなかった方はぜひ覚えていってください。

加工前に酸洗いをすることも

酸洗いは商品が完成した後だけでなく、加工処理前に行われることもあります。酸洗いを行い表面についている油汚れなどを落とし、表面を少しざらつかせることでメッキや塗料の食いつきをよくするのです。プラモを作っている方なら、塗装前の洗浄とヤスリがけと言えば分かりやすいでしょう。油汚れなどがついていると塗料が弾かれたり、うまく定着しないため、あらかじめ酸洗いをしておくわけです。これを行うことで塗料やメッキが将来的にも剥がれにくくなります。

ステンレスの強さを復活させるためにも利用

錆に強いことで有名なステンレス。なぜ強いかと言えば表面に薄い膜を張っているからなんです。しかし、形成の段階で傷がついてしまったり、熱による変化などが加えられると、せっかくの膜が破壊されてしまい、錆に弱くなってしまいます。これではステンレスの持っている強みが台無しですよね。そこで、酸洗いを行い、ステンレスに膜を再形成してもらうわけです。これによってステンレスは再度錆に強くなり、商品の寿命を飛躍的に上昇させます。

酸洗いとは、硫酸水素ナトリウムなどで宝飾品の表面から酸化層を取り除いてキレイにする行為のことを言います。